【バーチャルスイミング】
制作者:ふじわらかつひと
バーチャルスイミング

初対面の人に「駄美術」の説明をするのはなかなか難しい。
「何をつくってるの?」と聞かれて「おもしろいもの〜」と言ってもイメージできないらしく、「例えば、頭をココでスパッと切ったものがラジコンで走り回る・・・」 とか口で言ってもやっぱり伝わらない。実際に見てもらうのが一番だ。

「バーチャルスイミング」が走ると、どこでも水面に見えるというもの。駄美術の例として、テレビ東京「たけしの誰でもピカソ」に初出場のときにも出品した。

戻る