【駄美術ミュージアムショップ】
制作者:ふじわらかつひと
かんせつ照明

ここ数年の食玩ブームでありとあらゆるものがミニチュア化された。キャラクターや生物はもちろん、懐かしの家電、文具、夜店の屋台、世界のお面、埴輪と土偶などなど、なんでもありだ。
いよいよ村上隆氏のアート作品もミニチュアとなって300円で販売される。お菓子をつけて、あくまでも「おまけ」として、そして、シリアルナンバーの入った認定書も付けて、あくまでも「作品」として扱うようだ。ますますアートとは何か?ボーダーがわからなくなってくる。

今回の作品「駄美術ミュージアムショップ」はお菓子のおまけではなく、アート作品を買ったときにおまけがついてきたらどうだと考えたものだ。作品を梱包する箱に、おまけの箱がついている。
いらないお菓子を食べずに捨てるように、「おまけ」欲しさでアート作品を買うようになればおもしろいのではないだろうか。おまけは全部で10種類!
黒いもやもやしたものが走る「不吉な予感」はビートたけしさんお気に入り。

戻る