【こけしバット】
制作者:籠谷シェーン
こけしバット

個人的なことなんですが、作品制作にあたって、なるべく二番煎じ はしないと決めています。作品のバリエーションとしてなら展開案も 作りますが、できればアイデアの使い回しは
したくないのです。

多分一度そうするのは楽になるでしょうが、ずるずり同じ事をやってしまい 限界が早くるし、
人からもうマンネリか?とか言われるのは嫌なので。

などとえらそうなことは日々考えてはおるのですが、実は数年前に その禁を破ってしまい
ました。「こけしアレー」がわりとウケたので調子乗って 作ったのがこの「こけしバット」。
こけしアレーよりも無理の無い発想で、 けっこう見栄えもリアルこけしの近いのですが、なんか薄いのです。 やっぱり二番煎じ的なものは作ってても少々テンションが下がってたのは
事実。気を付けねば。

戻る