【ハリウッド版】
制作者:ふじわらかつひと
現代美術二等兵 ハリウッド版

 日本人なら大抵の人が知ってると思うのですが、チロルチョコってありますね。 最近は
いろんな味が出てまして、こないだ「宇治 まっ茶 もち入り」って やつを食べました。
で、
食べながら包み紙をなんとなく見ていると 「ぷれみあむ」 とか「モンドセレクション金賞受賞」とか書いてあるのですが「チロルチョコ」って 商品名が書かれてない!! よーく見ると社名としての「チロルチョコ(株)」は小さく読めるのですが商品名の 表記としては 無い! そんなのありぃ〜? ちょっと目からウロコというか 衝撃でした。 あのサイズ、形状が意匠登録されてるのか?他のメーカーがあのサイズのチョコを 出したら怒られるのか?あのサイズのガムだったらどうなのか? いろんなギモンが もやもやとふくらんできました。
これはまだ正面に「まっ茶」って書いてあるので味は理解できますが、「みたらしだんご」味 なんて 5つのパッケージに渡って「みたらしだんご」って文字が分割されていて、 1つだけ見ると「たら」とか「んご」とかしか読めない。これもすごい。 アイデンテティが確立されると けっこう自由になっていくもんですね。

さてさて ちょっと話はかわりますが
大河ドラマで認知度が上がってきた直江兼続なんて兜のデコにでかでかと文字が書かれてる。 「愛」って もちろん名前ではないけども わざわざ文字をデコにつけるというのは  自分に何が書かれてるか当てるパーティゲームみたいですね。

なんでもかんでもリメイクするハリウッドで作られたら カンチガイされて勝手に ここも訳されるのでは…と つくってみました。 本当は諸説あって いわゆる「love」の「愛」ではないみたいですが…。

戻る