【クマ型キャンバス用額縁】
制作者:ふじわらかつひと
現代美術二等兵 クマ型キャンバス用額縁

7年ぶりくらいに 携帯電話を替えました。 なかなか気に入ったデザインが出なくて ず〜っと待ち続けてたのですが、 その間に時代は流れ、現行機とのギャップが大きくなってきてしまったのでした。

使い続けていた機種では
他人から送られてくる添付画像が大きすぎて開けませんでした。 いちいちPCに転送して確認してました。
デコメも非対応。デコ部分と本文がバラバラにくるので 「はは〜ん ここにこの絵が入ってるんやな。」と 推測して見てました。
QRコードも読めず、ワンセグも見れず、音楽も聴けず・・・。 さすがに つらくなってきて機種変更をしたのでした。

でもこれだけブランクがあいていると もう浦島太郎状態で 新機種の扱いがさっぱりわかりません。 分厚い説明書も最初はマジメに読んでましたが だんだんだるくなってきて 後半飛ばし読みです。

とにかく機能が多すぎる!
ワンセグで 番組さえ見れればいいのに 画面上にいろんな表示やマークが出てる。 ええねん 普通に見して〜や。 こんな機能 全部使う人がおるんかな?

う〜ん ハードとソフトの開発のバランスが悪いように思います。

さてさて 今月の作品は「クマ型キャンバス用額縁」。
“クマ型のキャンバス”の為の 額縁なんですが、 そんなキャンバスはまだ見たことがありません。 中身と外見の開発バランスがめちゃくちゃです。  

戻る