【ちゃぶDIE】
制作者:籠谷シェーン
ちゃぶDIE

僕達の作品は基本的に小さいものが多いのです。その理由は
制作スペースや保管場所の関係もあるし、発想自体が下世話なもの
が中心で特にスケールの大きな作品を作ろうとか、空間に対して云々
という事はほとんど考えていないからかもしれません。
言い換えると発想のスケールが小さいという身も蓋もないことになるのですが。
しかしたまに思いついたものがある程度の大きさになる場合もあり、
その時は狭い制作スペースであちこちぶつけたりしながら色を塗ったり
削ったりしながら作っています。

この作品は実際のちゃぶ台を改造しようと思ったのですが、なかなか
いいサイズ、形がなく、アンティークだと、もったいない気がして(単に
高いから諦めたのですが)コンパネを円形に切り抜いてもらい
それらしく作りました。
シンプルな仕上がりの割にいろいろ手がかかり、実際面倒でした。
それがこの「ちゃぶDIE」です。「台」と「DIE」がかけてあります。
DIEだから死んでいます。包丁刺さったりしています。そう、見たまんまで
ございます。それ以上でもなんでもないところが発想のスケールの小ささ を
より際立たせているのかもしれません。
そういう訳で来年は制作発表20周年。これからもちんまりとやりまっせ!


戻る