【30%増量サービス中!】
制作者:ふじわらかつひと
現代美術二等兵 30%増量サービス中!

会社をおこして いろいろ手続きがありました。
いろいろかな〜り手こずりましたが 中でも一番厄介だったのが
法人の銀行口座の開設。
そんなものに 時間がかかるとは全く思ってなかったんで
あまりの対応にびっくりです。

以前から 給与振り込みや住宅ローンで長く使ってる銀行は
飛び込みで行ったら ほぼ門前払いの状態。
こっちの言いたいことは全く聞いてくれず、とにかくあれやこれやと  書類を出せと。。。

詐欺がいろいろあるので、とにかくいま口座をつくるっていうと  犯罪者扱いです。
疑惑の目でガンガン見てきます。

こっちにもいろいろ手続きの都合があって、最初の銀行の 要望に
すぐ応えられなかったんで、前の勤め先の経理担当のオッチャンに
取引銀行に電話してもらって、概要を説明してもらいました。
元社員が 会社をつくったんで 口座をつくりたいと。

念のため 2つの銀行に電話してもらったら
ひとつ(A銀行としましょう)は、翌日 向こうから電話があって 1週間ほどで
開設の手続きができました。

もうひとつ(B銀行とします)は、向こうからの最初の電話まで2週間かかり、
わざわざ会社まで来てくれて いろいろ必要書類を持って帰ったものの
「また連絡します。」と言ったまま 音沙汰なし。

まあ こっちはすでにA銀行で すでに口座開設できてたんで、放っときました。

さて 五ヶ月ほど過ぎて 忙しい毎日を送っていると ある日、B銀行から 電話が…。

「もう口座は つくられましたでしょうか?」
… もう 唖然です。
タイムスリップしてしまったのか、コールドスリープでもしていたのか。。。

さらに
「できてすぐの会社ですので しばらく様子をみていまして。」
って…。

もう なんかスゴイ!
そこ ぶっちゃける?

できてすぐの会社やから 口座が必要やったんじゃ!
つーか 様子みるって言うても そっちとの付き合いないし、
金の出入りもわからんやろうがっ!

なんか われわれの社会生活とはかけ離れた感覚で生きてはるんやなあと
怒りを通り越して 憐れみを感じてしまった。
もう一生 B銀行との取り引きは無いやろうけど ガンバッテクダサイ。
A銀行さま 末永くよろしくお願いします。

さて そんなこととは一切関係ない今月の作品「30%増量サービス中!」。
顧客の側に立ったサービスを提供したいものですね。


戻る