【ダルマ全身像】
制作者:籠谷シェーン
現代美術二等兵:ダルマ全身像

昔CMで志村けんがダニの殺虫剤のCMで「見えないけどいるよ!」
というようなことを言っていて、「見えない」のに「いる」と
断言されるのは、これはもう言い返す術のない
非常に強い言い草だなあと思わされました。
よく目には見えなくてもあるものといえば人の心とか
ファンタジー寄りの希望あふれる言葉が多いのに、ダニとは。。。

この敗北感に似た気持ちは何かというと、人間が本来認識する手段の
一つ「視覚」の能力では把握できないが、存在すると断言されてしまい、
不安が先立ち通常の判断が出来なくなるのではと考えます。
すぱっと断言されると、ぐうの音も出せない状況に陥ってしまうのです。
ただ、これを口喧嘩に応用すると、これはこれで必殺技にも
成り得るのではと思います。「匂わないけど、臭いよ!」
「働いてないけど金持ちだ!」「本気出したら、お前には負けん!」
等々。。。なんかもう殴りたくなりますね。

で、今月の駄美術「ダルマ全身像」。
ダルマに手や足は無いとおっしゃるアナタ、見えないけども
あるんだよ!


戻る