【Sorry湯呑み】
制作者:籠谷シェーン
現代美術二等兵:Sorry湯呑み

よく巷で耳にするじゃないですか。「アートを気軽に買おう」とか。
もともとその物言いには違和感を感じとったのですが、
やっぱりよくよく考えても俺は無理やな。アートを気軽に買うやなんて。

だいたい実用性とか利便性もないような、どこかの誰かの
思いの詰まったものを、ましてやそう安くない値段のものを
気軽に買うやなんて無理無理。
ようよう考えて買うのが普通屋と思う。
きっと呼びかけてる人たちは俺のように財布にいつも
MAXで5千円程度しか入ってないオッサンなど
相手にしてへんのかも知れんが。
気軽に10万とか遣う人対象なんやろな、きっと。
まあ、そんな人はアート市場活性化のためにバンバン使ってください。

さて、グチグチ書いてしまいましたが、今月の駄美術「Sorry湯呑み」。
寿司屋でよくある魚の種類が書いた湯呑に悉くSOLD OUTの文字が。
行列の出来るような寿司屋の嫌味な湯呑を想定して作ってみました。
しかもこの湯呑1個2000円で売ってます!
駄美術市場活性化のために是非!


戻る