【脱ぎ捨てこけし】
制作者:籠谷シェーン
現代美術二等兵:脱ぎ捨てこけし

世間でも会社でも「今まで通りのやりかたでは成長は期待できない。」
「新しい事をやっていかねばならない!」と、もうそれはそれは強迫
まがいに言うてます。
なんなんでしょうね、新しい事ってのは。何かそのジャンルで
金字塔を打ち立てた人が新しい事にチャレンジをしてる上での発言なら
まだしも、何かを成し得たという訳でもない中途半端な人が、
その事実を隠ぺいしつつ上から目線、ポジションをキープする為に
言うてる輩が多い気がするのです。魔法の言葉ですな。保身の為の。
イチローが野球を引退して大相撲に挑戦!とかが当たり前に
なってきたなら信じてみようと思うのですが。。。

さて今月の駄美術は「脱ぎ捨てこけし」。
こけしが胴体の花柄部分を勢いよく脱ぎ捨てています。
「いつまでもお飾りじゃないのよ!」殻を打ち破ったこけしの成長した姿を
見せつけています。少し眩しい気分で僕は目のやり場に困ってしまいました…。
って何言うとんねん!
と、今までのやり方で今まで通りの作品です。



戻る