【アリ塚えんぴつ削り】
制作者:ふじわらかつひと
アリ塚えんぴつ削り

2012年から「おバカ創作研究所」というイベントに出させてもらってます。

「コレジャナイロボ」や「自爆ボタン」「土下座ストラップ」でおなじみの
マルチクリエイティブ会社『ザリガニワークス』さんpresentsの
不思議な夜会。。。
ザリガニワークス・乙幡啓子・現代美術二等兵という好き勝手なモノ作りで知られる
おバカなクリエイター三組と豪華ゲストが夢の共演!

毎回テーマ(お題)をいただいて それぞれが思い思いの創作物をつくって
持ち寄るというクリエイター大喜利のようなイベントです。

最近では「グミ」というお題の乙幡さんの作品「フグ刺しグミ」が圧巻!
フグ刺しの原型を作り、ゴム型をつくって、そこにグミ素材を流し、大量に複製。
惜しみない労力で、フグ刺しを見事に再現し、場内を沸かせていました。

このイベント、毎回、当日もまったく打ち合わせせず、
それぞれの作品を隠し持ったまま舞台に上がるので、ただただ他人の作品に
驚くばかりで、なかなか気の利いたコメントとかできません。
素のリアクションです。
相方・シェーンの作品にも的確なツッコミができない始末。。。
作品制作はもちろん、しゃべりの方も 精進しなければ!

そんなこんなで今月の作品は このイベントの「文房具」というお題で
考えた「アリ塚えんぴつ削り」。
いくつか開いた穴にえんぴつを入れて、チンパンジーがシロアリを取っているかのごとく
えんぴつを削るというもの。
えんぴつには木の棒を模した葉っぱや アリをプリントしました。
毎回こんなくだらないものを散弾銃のごとく、連発しています。

さあ「おバカ創作研究所 vol6」はもうすぐ開催!
しゃべりの方はどうなるか?

戻る