【カリオストロの城の指輪】
制作者:ふじわらかつひと
現代美術二等兵 カリオストロの城の指輪

12月の展覧会初日にTwitterにアップしたネタ。
「知り合いに『カリオストロの城の指輪つくってくれ』って言われて
つくったんやけど なんか違うみたい。。。」と。

居酒屋での反省会の間、ピコンピコンとリツイートを知らせるスマホの通知音が
鳴り続け、数日で15,000リツイートに!
今までも「がっかりトリプル」(マーライオン+小便小僧+人魚姫像のやつ)や
シェーンの「ナスカの夏、ペルーの夏」(地上絵型蚊取り線香)なんかも
かなり拡散されたけど、最初のツイートが他人やったりして実感なかった。

拡散用の作品とでもいうべきネタが、無事広まってよかったわ。

あとで知ったんやけど、たまたまこの展覧会は
映画「ルパン三世 カリオストロの城」の公開日12月15日に
スタート。なんか運命的なものを感じるな。

どんどん拡散されて 多くの人の目に触れると、
何かしらあげ足を取りたがる人らもおって、
「無線と びっくり箱機能がついてない」みたいなことを書いたりしとる。
無線とびっくり箱機能が付いてるのは 
ルパンが作ったニセモノの指輪やからね。
本来の指輪の方にはそんなもん付いてない。
必死にいちゃもんつけようとしてるんやろうけど、知識が浅かったみたい。
残念!

よう考えたらカリ城は当時、公開前の特別試写会で見たわ。
もらったセル画もまだ持ってる。
とぼけて作ったようにツイートしたけど、実はけっこうディープなファンやわ。

スターウォーズもそうやけど、こんなに長いこと愛されるってすごいなあ。
俺らの作品は 日々消費されて忘れ去られていくんやけど
それもまたええかと。
来年は現代美術二等兵25周年! なんか後世に残るもんはつくれるか?!


戻る