【たれびんストラップ】
制作者:ふじわらかつひと
現代美術二等兵 たれびんストラップ

こっちの話もやはり ポケモンです。
せっかくなんで自慢しとこう。

現代美術二等兵ふたりはそれぞれ仕事を持っていて
普段はちゃんと働いている。
僕は大学を卒業してまず玩具会社に就職、食玩の商品開発なんかを
やってた。

で、ある日、ゲームの展示会で出口付近にあったあるゲームボーイの
ソフトに気付いた。
すでにセガサターン、プレステが発売されて、時代は3Dゲームへ
移行している頃。
ゲームボーイのドット絵のゲームに興味を持つ人は少なく、
あまり人気なかったと思う。
が、見た瞬間「なにコレ?! めっちゃおもろいやん!」
ということでゲームソフトの発売前から商品化の提案、申請をして、
世界初のポケモングッズ「ポケモンクラブ」が誕生!
もちろんゲームソフトそのものにはかかわってないけど、
商品化第1号は僕やったんです。

そんなこんなで、いまだにソフトの新作は毎回2種買って 
自分で交換しながら進めてます。
「GO」をちらちらやりつつ「サン・ムーン」を待ってるで。

さて今月の作品は「たれびんストラップ」。
作品をいくつかガチャガチャにしてもらったんですが、
これはガチャガチャ用に考えた最初からマルチプルな作品(商品)。
お弁当箱の醤油さしがいろいろな魚になってるというもの。
ポケモンのように世界に発信できるようなものを目指して、
日本特有の醤油さしをモチーフに選んでしまうチープな感性に
思考が支配されています。


戻る