【ジャパニーズライトセイバー】
制作者:ふじわらかつひと
ジャパニーズライトセイバー

突然ですが、「仮面ライダーストロンガーは倒置法」という話をします。
普通 仮面ライダーシリーズの番組といえば、
第1話で、なぜライダー(改造人間)になったのか? なぜ敵と戦っているのか? 
敵はなんなのか?を説明するのですが、
シリーズ5作目のストロンガーの第1話は ちょっと違う。

怪人が人を襲っているところに電波人間タックルと城茂が現れ、最終的には
仮面ライダーストロンガーに変身して敵を倒す。
なんで変身できるのか? 悪の組織ブラックサタンとは何なのか?
全く説明されない。
そのあたりのいきさつは2話以降に徐々に説明されていくのだ。

倒置法はテーマソングの歌詞にも表れている。
「突っ走れ 空を飛べ ブラックサタンを倒すまで」
「守るぞ 平和を 日本の」
って。
なんか徹底してる。

ちなみにたいてい最初に戦うのは、クモの怪人が多いのですが、
ストロンガー第1話の怪人は奇械人ガンガル(カンガルーの怪人)でした。。。

さて作品は「ジャパニーズライトセイバー」。
スターウォーズのデザインって日本の鎧兜や甲冑をモチーフに取り込んでると
いうのは有名ですが、逆にスターウォーズのアイテムを日本風に落とし込んでみたもの。
ちょうちんで光る刀をつくってみました。
さすがにろうそくではなく、LEDで光るようにしてしましたが、
ちょうちんなので、縮めて持ち運べるところもライトセイバーっぽいなと。
ただカッコよくもなんともないものが出来上がりました。
何でも逆説的にやってみればいいってもんじゃないんですね。


戻る