最新情報

■EXHIBITION■
現代美術二等兵活動25周年「駄美術の山《
・会期:2016年11月28日(火)~12月9日(土)
・時間:11:00~19:00 最終日17時まで。(日曜・月曜 休廊)
・会場:MATSUO MEGUMI +VOICE GALLERY pfs/w(←2013年 移転しました)
 下京区富小路通高辻上る筋屋町 147-1
・“駄美術一筋25年”現代美術二等兵の「駄美術展《。
 ギャラリーに枯れ木やチリならぬ25年分のありったけの駄美術を並べてみます。

■EXHIBITION■
『たねマン展F(再び)』
・会期:2015年10月30日(月)~11月26日(土) 
・時間:日曜~木曜日 12:00〜23:00
    金・土曜日  12:00〜24:00(定休日 第3火曜日)
・会場:原宿 カフェな。
 東京都渋谷区神宮前1-8-5 メナー神宮前 3F
・ヒーローか? ただのフーテンか? 謎多き、というか自分でもよく
 わかっていない男… その吊は「たねマン《。
 ザリガニワークス坂本と「パーマンとミツオくん位の親友《という彼。
 たねマンのお友達クリエイターの皆様によるコラボアートの展示、
 たねマングッズの販売など、たねマンの魅力満載!
・現代美術二等兵もそれぞれ作品を出品。

■EXHIBITION■
『大阪文化芸術フェスティバル2017』
「駄美術流家元 現代美術二等兵の“秋の駄会”《

・会期:2017年10月21日(土曜日)
    2017年10月22日(日曜日)
    2017年10月28日(土曜日)
    2017年10月29日(日曜日)
・会場:万博記念公園 日本庭園茶室「汎庵《
・※一部有料プログラムあり (別途自然文化園・日本庭園入園料必要)
・大阪の10月が、文化芸術の一色に染まる!
 大阪府内の各地域において繰り広げられる
 文化芸術の祭典が今年からスタート。
 様々な文化芸術がジャンルを超えて交わり合う1ヶ月。
・現代美術二等兵は万博記念公園 日本庭園茶室「汎庵《に作品展示。

■EXHIBITION■
『六甲ミーツ・アート 芸術散歩2017』
・会期:2017年9月9日(土)~11月23日(木・祝)※ 会期中無休)
・時間:10:00から17:00
・会場:六甲山 山上施設各地
・料金:無料のサテライト会場以外の有料会場への入場料
    大人(中学生以上)1,850円、小人(4歳~小学生)930円
・六甲山の土地柄や景観をいかした現代アートの展覧会「六甲ミーツ・アート 芸術散歩《。
 今年は39組のアーティストが山上施設各地に作品を展示、イベントなどを行う。
・現代美術二等兵は六甲山カンツリーハウスの池に作品展示。

■EXHIBITION■
ザリガニワークス presents『おバカ創作研究所 Vol.8』
・会場:大阪 ロフトプラスワンウエスト
 住所:〒542-0084 大阪府大阪市中央区宗右衛門町2-3 美松ビル3F
 最寄駅:日本橋駅、なんば駅
・2017年9月1日(金)
・Open 18:00 Start 19:00 End 22:00 (予定)
・前売チャージ券2500円
・当日チャージ券3000円(共に飲食代別)※要1オーダー500円以上
・好き勝手なモノ作りで知られるおバカなクリエイターが共演する夢のトークイベント
 「おバカ創作研究所《が関西に初上陸!!
・ザリガニワークス・乙幡啓子・現代美術二等兵というクリエイター三組が夢の共演!
 日頃の活動報告会やメーカー企画担当必見の共通テーマによる
バカグッズプレゼン大会など、バカにできない内容は前回以上!。
・スペシャルゲストには、京都から『カミロボ』の安居智博さんが参戦!

■EXHIBITION■
『おバカ創作研究所 研究発表in京都』
・会期:2017年8月26日(土)から9月3日(日)※ (月曜日休み)
・時間:12:00から18:00
・会場:京都 KUNST ARZT
 場所:京都東山区三条神宮道北東角 2F
・好き勝手なモノ作りで知られる3組によるバカ作品発表イベント「おバカ創作研究所《。
 8回目を迎える人気イベントのこれまでの歩みと過去の発表作品、
 そして「京都《をテーマにした新作を展示。
「人はなぜバカバカしい作品を作るのか?《そんな疑問が生まれる空間に仕上げます。
・9月20日まで連動のクラウドファンディングも開催。
「『おバカ創作研究所 研究発表in京都』を応援《

■EXHIBITION■
個展『駄美術百万石』駄美術展覧会 in 金沢
・会期:2017年4月28日(金)~5月7日(日)
・時間:10:00~18:00
・会場:しいのき迎賓館 ギャラリーA
 〒920-0962 石川県金沢市広坂2丁目1番1号
・旧石川県庁舎をリニューアルした『しいのき迎賓館』で「駄美術展《開催。
 百万石の地に駄美術作品“百点”が初見参!

■EXHIBITION■
ザリガニワークス presents 『おバカ創作研究所 Vol.7』
・会場:渋谷 TOKYO CULTURE CULTURE
・2017年4月21日(金)
・Open 18:30 Start 19:30 End 22:00 (予定)
・前売チャージ券2700円(要1オーダー制アルコール500円~、ソフトドリンク420円~)
・当日チャージ券500円増
・ニフティ株式会社運営のイベントハウス「TOKYO CULTURE CULTURE《で行われる
 飲んだり食べたりしながら楽しめるワンナイトイベント。
・ザリガニワークス・乙幡啓子・現代美術二等兵という好き勝手なモノ作りで知られる
 おバカなクリエイター三組が夢の共演!
 日頃の活動報告会や商品即売会、
 さらにメーカー企画担当必見の共通テーマによるバカグッズプレゼン大会など、
 バカにできない内容は前回以上!。
・さらにスペシャルゲストとして、デイリーポータルZの林雄司さんが登場!

■ITEM■
『ネオ民藝 マスコット 』奇譚クラブ
・ガチャガチャメーカー奇譚クラブが様々なアーティストとコラボ!
・民芸品をモチーフにした作品群を精密にミニチュア化!
・2017年3月下旬発売。
・01.ぐれダルマ 02.こけしアレー 03.ケルベコス
 04.フォーチュンキャット 05.骨助 06.UMAの折り紙
・現代美術二等兵作品2種を含む全6種。
・1回300円 

■EXHIBITION■
「デザイン・コード展《
・会期:2016年11月26日(土)~27日(日)
・時間:11:00~19:00 
・会場:グランフロント大阪 ナレッジプラザ
 大阪市北区大深町3-1
・テレビ朝日「デザイン・コード《に登場した20組を超える新進気鋭のデザイナーの作品展示。

■EXHIBITION■
現代美術二等兵個展with木内貴志『若気の至り~駄美術は25歳~』
・会期:2016年11月22日(火)~12月3日(土)
・時間:11:00~19:00 最終日17時まで。(日曜・月曜 休廊)
・会場:MATSUO MEGUMI +VOICE GALLERY pfs/w(←2013年 移転しました)
 下京区富小路通高辻上る筋屋町 147-1
・オープニングパーティ&トークショー
 11月22日(火)17:00~19:00
・今年活動25年目を迎える現代美術二等兵の「駄美術展《は、活動20年目の木内貴志氏を
 迎えて開催。互いに気になる過去作を数点ずつセレクトしたコーナーも設置。

■テレビ■
デザイン・コード(テレビ朝日)
・2016年11月12日(土)23:06~23:09
・秀逸なデザインを生む"デザイナー"に焦点を当てた人間ドキュメンタリー。
 現代美術二等兵のデザインにまつわる秘密『Design code(デザイン・コード)』とは!?

■EXHIBITION■
「ART GARDEN《
・会期:2016年11月1日(火)~27日(日)
・時間:10:00~21:00 (ガーデンズホールの営業は10:00~17:00)
 最終日は15:00で終了
・会場:阪急西宮ガーデンズ
 〒663-8204 西宮市高松町14番2号
・六甲ミーツ・アート芸術散歩2016と阪急西宮ガーデンズのコラボイベント。
・9組のアーチストが西宮ガーデンズで作品展示!

■テレビ■
世界まる見え!テレビ特捜部(日本テレビ)
・2016年10月31日(月)19:56~20:54
・【○○なのに××SP】に「こけしアレー《登場。

■EXHIBITION■
現代美術二等兵の『去年やりたかったこと~駄美術展覧会』
・会期:2015年12月15日(火)~26日(土)
・時間:11:00~19:00 最終日17時まで。(日曜・月曜 休廊)
・会場:MATSUO MEGUMI +VOICE GALLERY pfs/w(←2013年 移転しました)
 下京区富小路通高辻上る筋屋町 147-1
・現代美術二等兵がこれまでの展示でやり残したことをコンセプトに
 買ったけど使用しなかった素材の消化や、時間が足りなくて作らなかったネタを
 今更のように制作。

■EXHIBITION■
Kawaii: crafting the Japanese culture of cute
・会期:2015年 10月30日~12月12日
・会場: James Hockey & Foyer Galleries 
     University for the Creative Arts内
     イギリス ファーナム
・日本で言う「カワイイ《とは何か?
 カワイイ文化を日本の15組のアーティストの作品で紹介するイギリスでの展覧会。
 UCA(University for the Creative Arts)でセミナー、講演会、ワークショップも予定。
・2016年2月には Rugby Art Gallery and Museum(ラグビー美術館&博物館)に巡回予定。

■EXHIBITION■
第21回 ナマ・イキVOICEアートマーケット
・会期:2015年 10月3日(土) 10:00~21:00
         10月4日(日) 10:00~17:00
・会場:アミュプラザ鹿児島
    鹿児島市中央町1?1
・鹿児島テレビが制作する番組「ナマ・イキVOICE《の連動アートイベント。
 県内外から80組の作家が出展するお祭りにゲストアーティストとして展示。
 10月3日18時からの放送にも出演!

■EXHIBITION■
大阪ラフフェス 駄美術展覧会『駄美術中央公会堂』
・会期:2015年9月18日(金)~23日(水)
・会場:大阪市中央公会堂 中集会室
    大阪市北区中之島1-1-27
・大阪のポテンシャルとパワーを国内外にアピールする取り組みとして
 スタートした「大阪都市魅力創造プロジェクト《のひとつ「大阪ラフフェス《。
 重要文化財である大阪市中央公会堂の中で現代美術二等兵が駄美術展を開催。

■ITEM■
『夏用』ドワンゴジェイピーストア
・現代美術二等兵の吊作『夏用』が商品となって販売開始。
・ドワンゴジェイピーストアの夏用商品として
 ネットで注文可能。
・A3サイズ ・税込み3,780円 

■EXHIBITION■
『たねマン展』
・会期:2015年6月29日(月)~8月1日(土) 
・時間:12:00~23:00 (定休日 なし)
・会場:原宿 カフェな。
 東京都渋谷区神宮前1-8-5 メナー神宮前 3F
・ヒーローか? ただのフーテンか? 謎多き、というか自分でもよく
 わかっていない男… その吊は「たねマン《。
 ザリガニワークス坂本と「パーマンとミツオくん位の親友《という彼。
 そんなたねマンの初個展。
 たねマンのお友達クリエイターの皆様によるコラボアートの展示、
 たねマンの日常を捉えた写真展示など。
・現代美術二等兵も2作品を出品。

■EXHIBITION■
ザリガニワークス presents 『おバカ創作研究所 Vol.6』
・会場:お台場 TOKYO CULTURE CULTURE
・2015年6月5日(金)
・Open 18:30 Start 19:30 End 22:00 (予定)
・前売チャージ券2700円(要1オーダー制アルコール500円~、ソフトドリンク420円~)
・当日チャージ券500円増
・ニフティ株式会社運営のイベントハウス「TOKYO CULTURE CULTURE《で行われる
 ワンナイトイベント。
・ザリガニワークス・乙幡啓子・現代美術二等兵という好き勝手なモノ作りで知られる
 おバカなクリエイター三組が夢の共演!
 日頃の活動報告会や商品即売会、
 さらにメーカー企画担当必見の共通テーマによるバカグッズプレゼン大会など、
 バカにできない内容は前回以上!。
・さらにスペシャルゲストに、ラーメンズ片桐仁さんも登場!
・協賛 株式会社 湖池屋(http://koikeya.co.jp/)

■テレビ■
木曜ドラマ劇場『ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~』(TBSテレビ)
・2015年4月16日(木)21時スタート、大島優子さん主演の新たな警察ドラマ。
・舞台である警視庁組織犯罪対策部(いわゆるマル暴)内の「暴力団離脱者電話相談室《に
 現代美術二等兵の『ぐれダルマ』貯金箱が毎週登場!!
TBSishop(http://ishop.tbs.co.jp/tbs/org/drama/yamegoku/)でも
 劇中登場グッズとして販売中。

■テレビ■
新発見アートバラエティ『アーホ!』(フジテレビ・関東ローカル)
・2014年9月26日(金)深夜24:50~25:50
・世界がかわるバラエティ番組についに現代美術二等兵登場。
・出演アーティスト:木村幸恵/現代美術二等兵/角野晃司/清田貴代(たまちゃん)/
 溺れたエビの検死報告書。

■EXHIBITION■
駄美術展覧会『ネオ民芸』
・会期:2014年9月23日(火)~10月4日(土)
・時間:11:00~19:00 (日曜・月曜 休廊)
・会場:MATSUO MEGUMI +VOICE GALLERY pfs/w(←2013年 移転しました)
 下京区富小路通高辻上る筋屋町 147-1
・民芸品への造詣は浅いが、表層的なリスペクトは熱い現代美術二等兵が
 「ネオ民芸《と銘打って新作中心に約10点を公開。

■EXHIBITION■
ザリガニワークス presents 『おバカ創作研究所 Vol.5』
・会場:お台場 TOKYO CULTURE CULTURE
・2014年8月22日(金)
・Open 18:30 Start 19:30 End 22:00 (予定)
・前売券/¥ 2,200(飲食代は別途) 当日券/¥2,700
・ニフティ株式会社運営のイベントハウス「TOKYO CULTURE CULTURE《で行われる
 ワンナイトイベント。
・好き勝手なモノ作りで知られるおバカなクリエイター三組が夢の共演!
 日頃の活動報告会や商品即売会、
 さらにメーカー企画担当必見の共通テーマによるバカグッズプレゼン大会など、
 バカにできない内容は前回以上!。
・出演者:ザリガニワークス・乙幡啓子・現代美術二等兵
 さらにスペシャルゲストに、タナカカツキさんも登場!
・協賛 奇譚クラブ(http://www.kitan.jp/) カンロ(http://www.kanro.co.jp/)

■ITEM■
『駄美術LINEスタンプ』
・LINE STOREにて現代美術二等兵の駄美術LINEスタンプその1が 発売になりました!!!
 代表作「ぐれダルマ《「13日の金太郎《をデザインしたスタンプ。
 ぐれダルマと13日の金太郎の日常生活が垣間見える脱力スタンプです。
・150円 

■EXHIBITION■
『ART OSAKA 2014』
・会場:ホテルグランヴィア大阪 26階(JR大阪駅直結)
・入場料:1500円
・一般公開      2014年7月12日(土)11:00 - 18:00
               7月13日(日)11:00 - 19:00
・ナイトビューイング:2014年7月12日(土)19:00 - 21:00
(招待者:無料 一般入場者:¥2,000.- )
・現代美術の在り方、魅力を伝えながら、関西のアートシーンの潮流を
 紹介する場として、今日まで十数年開催をしてきた現代美術のアートフェア。
・53ギャラリーが出展し、次代を担う若手美術作家から、堅実に実績を重ねる中堅作家、
 そして未だ広く知られていない巨匠まで、一堂にご紹介できる場です。
・現代美術二等兵は ヴォイスギャラリーのブースに「がっかりトリプル 2/3ver.《を展示。
・19F Lounge River Head (ラウンジ・リバーヘッド)にて 期間中、
 ホテルグランヴィア大阪のパティシエと現代美術二等兵のコラボレーションした
 オリジナルスイーツも販売。
 美術のプロと食のプロが直接対話をし、それぞれの芸術的思考を読み込み、
 視覚的にも味覚的にも、そして感性にもこだわった食べられるアート作品(商品)が完成。
 7月11日~13日に 1日15セットの販売を予定。
 販売価格:¥1,850.-(コーヒー又は紅茶付、税金・サービス料込)
プレスリリース

■EXHIBITION■
グランドフロント大阪1周年記念イベントGRAND THANKS FESTA!!
『アートキティ展「Art Kitty Parade(アート キティ パレード)《』

・会場:グランフロント大阪(ナレッジプラザほか、館内各所オープンスペースに展示)
・2014年4月25日(金)~5月6日(火) ※期間中無休
・世界100ヶ国以上で愛され、今年で40周年を迎える「ハローキティ《。
 ハローキティのホワイトモックをアートモチーフとして採用し、
 参加アーティストそれぞれのアイデアや独創性で“感謝”を
 表現した「アートキティ展《。
・現代美術二等兵はインターコンチネンタルホテル大阪 20Fロビーに
 作品展示!

■EXHIBITION■
駄美術展覧会『京都慕情』
・会期:2013年10月22日(火)~11月2日(土)
・時間:12:00~19:00 (日曜・月曜 休廊)
・会場:MATSUO MEGUMI +VOICE GALLERY pfs/w(←移転しました)
 下京区富小路通高辻上る筋屋町 147-1
・昨年活動20周年を迎えたアートユニット現代美術二等兵が学生時代を過ごし、
 活動の本拠地としてきた京都をテーマにした駄美術展覧会。
 小学生の夏休みの自由研究よりはワンランク上を狙った京都テーマの
 大小約15点の駄美術を展示。

■EXHIBITION■
『六甲ミーツ・アート 芸術散歩2013』
・会場:神戸市 六甲山上周辺
・2013年9月14日(土)~11月24日(日) ※期間中無休
・10時~17時 ※会場により21:30(土日は22:00)まで鑑賞できる作品があります
・六甲山上を舞台に展示される数々のアート作品を、
 ピクニック気分で回遊しながら楽しめる現代アートの展覧会。
・現代美術二等兵は六甲オルゴールミュージアムの屋外と屋内に
 作品展示!

■テレビ■
●「ぎゃっぷ人《 日本テレビ系 (関東ローカル)
・2013年9月9日(月)22:48~22:54
・平泉成さんのナレーションで現代美術二等兵を紹介。

■EXHIBITION■
ザリガニワークス presents 『おバカ創作研究所 Vol.4』
・会場:お台場 TOKYO CULTURE CULTURE
・2013年8月31日(土)
・Open 17:00 Start 18:00 End 20:30 (予定)
・前売券/¥ 2,000(飲食代は別途) 当日券/¥2,500
・ニフティ株式会社運営のイベントハウス「TOKYO CULTURE CULTURE《で行われる
 ワンナイトイベント。
・好き勝手なモノ作りで知られるおバカなクリエイター三組が夢の共演!
 日頃の活動報告会や商品即売会、
 さらにメーカー企画担当必見の共通テーマによるバカグッズプレゼン大会など、
 バカにできない内容は前回以上!。
・出演者:ザリガニワークス・乙幡啓子・現代美術二等兵
 さらにスペシャルゲストに、明和電機 土佐信道さんも登場!
・協賛 奇譚クラブ(http://www.kitan.jp/)

■テレビ■
●「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!《(テレビ東京)
・2013年7月26日(金)21:00~
・超個性派アーティストが全国から集結した「大トコロ展《に
 現代美術二等兵も出演。

■EXHIBITION■
現代美術二等兵が教える「みんなで作ろう!駄美術の世界《
・会場:IID 世田谷ものづくり学校 101 IID Gallery
・2013年6月22日(土)
・15:00-16:30(予定)
・参加料:大人 ¥1,000 学生(大学・専門・高校) ¥700 中学生以下 無料
 ※材料費別途
・講師:ふじわらかつひと
 ナビゲーター:関 智
・「日本社会の近未来に向けイノベーションと学び、”創造性と芸術”を感知した
 若者たちにより多く登場してもらい、創発性を持つ文化風土を築きあげたい!《
 という主旨のもと、2012年11月に有志により発足された『イルカの学校』にて
 現代美術二等兵の創作の秘密に迫り、みんなで駄美術を制作!
 楽しくアートに親しめるワークショップ。

■EXHIBITION■
『ツムテンカク2013』
・会場:新世界全域(大阪市浪速区恵美須東界隈)
・2013年5月24日(金)~26日(月・祝)
・10:00-20:00(予定)
・新世界エリアでデザインやアート作品の展示・販売、ワークショップや音楽、食など
 五感で楽しめる大阪で唯一の「街ナカ巡回型イベント《
・現代美術二等兵は乙幡啓子さんとユニット“モー現。”を組んで
 新世界稲荷神社に作品展示!

■EXHIBITION■
『第7回 2013年 ROOTOTE チャリティーイベント』
・会場:表参道ヒルズ本館 吹抜け大階段
・2013年4月1日(月)~7日(日)
・11:00~21:00 (最終日のみ20:00終了)
・参加著吊人がトートバッグをカスタマイズし、オークション形式で販売される
 チャリティー企画。
 「田中知之 (FPM) feat.現代美術二等兵《として 田中知之さんの作品にご協力しています。

■EXHIBITION■
『ART PICNIC#7』
・会場:ディクショナリー倶楽部(渋谷区神南1-2-5)
・2013年3月16日(土)
・13:00~21:00
・入場無料(*ドリンク、フード別途)
・ディクショナリー倶楽部神南の、最後を締めくくる、DJカルチャーをMIXした
 アートピクニック。
 ファッション、アート、デザイン、PHOTO、MOVIE、FOODなど様々なクリエイターが
 参加するフリーマーケット。

■EXHIBITION■
ザリガニワークス presents 『おバカ創作研究所 Vol.3』
・会場:お台場 TOKYO CULTURE CULTURE
・2013年2月23日(土)
・Open 17:00 Start 18:00 End 20:30 (予定)
・前売券/¥ 2,000(飲食代は別途) 当日券/¥2,500
・ニフティ株式会社運営のイベントハウス「TOKYO CULTURE CULTURE《で行われる
 ワンナイトイベント。
・好き勝手なモノ作りで知られるおバカなクリエイター三組が夢の共演!
 日頃の活動報告会や商品即売会、
 さらにメーカー企画担当必見の共通テーマによるバカグッズプレゼン大会など、
 バカにできない内容は前回以上!。
・出演者:ザリガニワークス・乙幡啓子・現代美術二等兵
 さらにスペシャルゲストに、フィギュアイラストレーターのデハラユキノリさんも登場!
・協賛 奇譚クラブ(http://www.kitan.jp/)

■EXHIBITION■
『現代美術二等兵活動20周年記念展「駄美術20年史《 』
・開催期間:2012年12月1日(土)~12月22日(土)(月曜日・火曜日・祝日 休廊)
・営業時間:11:00~19:00
・開催場所:@btf (勝どき)
・開催内容:作品展示活動での奇妙なエピソードの数々とつくりためてきた
 20年分の作品を一挙公開。
 それぞれの時代の作品とエピソードを時系列に並べ、
 すごろくを進むように、20年の流れを体感することができます。
・京都で開催した「テディ○○展《も同時開催。
・オープニングパーティ:12月1日 19:00~21:00
・トークショー:12月22日 15:00~

■EXHIBITION■
『おでかけタピエスタイル vol.23 in タカシマヤ大阪店』
・開催期間:10月31日(水)~11月13日(火)
・営業時間:10:00~20:00
・開催場所:タカシマヤ大阪店 3階中央エスカレーター横特設コーナー
・開催内容:タカシマヤが全館で開催するイベント「大阪ええもん企画《特別企画として、
 さまざまなアーティストの作品や、アクセサリー作家の作品を展示販売。
 1週目・2週目で、作品を出品される作家が変わり、
 現代美術二等兵は11月7日からの2週目に出展。

■EXHIBITION■
『おバカtokyo展』
・開催予定期間:2012年10月5日(金)~14日(日)
・営業時間:10:00~21:00
・開催場所:お台場 ダイバーシティ東京 デザイン雑貨店「iine tokyo《
・開催内容:今話題の、あの企業・あのクリエーターの
 おバカグッズを集めたパネル展示および商品の販売。
・参加予定作家および企業:ザリガニワークス、乙幡啓子、現代美術二等兵、
 奇譚クラブ、CUBE、デハラユキノリほか

■EXHIBITION■
『ふくやまアートウォーク2012』
・会期:2012年10月7日(日)~8日(祝)
・時間:10:00~17:00
・福山駅周辺や福山城周辺の文化ゾーン一帯で、国内外のアーティストによる
 作品展示やパフォーマンス、陶器・ガラス・染色のワークショップなど
 多彩なアートで遊べる2日間。
・現代美術二等兵は 福寿会館(福山駅北口より 北へ徒歩約5分)
 お得意の和風作品を展示。

■EXHIBITION■
現代美術二等兵20周年記念「テディ○○展《
・会期:2012年10月2日(火)~13日(土)
・時間:12:00~19:00 (日曜・月曜 休廊)
・会場:MATSUO MEGUMI +VOICE GALLERY pfs/w(京都市 南区)
・二等兵の代表作のひとつである「テディ○○《を各界の作家、デザイナー、
 クリエイター等14吊の方々にアレンジして頂いたコラボレーション写真展。
・出展作家:青木克憲・安積伸・石橋義正・おかけんた・喜多順子・
 桑島秀樹・小島慶子・空山基・田中知之(FPM)・中島信也・
 長山智美・松尾恵・明和電機・森村泰昌(敬称略)
・もちろん現代美術二等兵の新作もアリ。

■EXHIBITION■
「美術のくすり《
・会期:2012年9月4日(火)~16日(日)
・時間:12:00~19:00 (月曜日休廊/最終日17:00まで)
・会場:KUNST ARZT(京都市 東山区)
・出品作家:山本太郎 shimoken 現代美術二等兵 
・ 木内貴志 小川しゅん一 岡本光博
・ギャラリー「KUNST ARZT 《第一弾オープニング企画展。
・6組のアーティストが、「美術のくすり《をお題に処方。

■EXHIBITION■
ザリガニワークス presents 『おバカ創作研究所 Vol.2』
・会場:お台場 TOKYO CULTURE CULTURE
・2012年8月31日(金)
・Open 18:00 Start 19:00 End 21:30 (予定)
・前売券/¥ 2,000(飲食代は別途) 当日券/¥2,500
・ニフティ株式会社運営のイベントハウス「TOKYO CULTURE CULTURE《で行われる
 ワンナイトイベント。
・好き勝手なモノ作りで知られるおバカなクリエイター三組が夢の共演!
 日頃の活動報告会や商品即売会、
 さらにメーカー企画担当必見の共通テーマによるバカグッズプレゼン大会など、
 バカにできない内容は前回以上!。
・出演者:ザリガニワークス・乙幡啓子・現代美術二等兵
 さらに今回は大物ゲスト パラダイス山元さんも登場!
・協賛 奇譚クラブ(http://www.kitan.jp/)

■EXHIBITION■
現代美術二等兵 活動二十周年記念「駄美術大博覧会《
・HEP HALL
・2012年7月13日~7月25日
・11:00~20:00
・活動20周年を記念して、駄美術的視点を通して見た自然、歴史、文化、
 生活等を壮大なスケールの妄想で展開する大博覧会。
・20年の足取りを綴ったここでしか見られないお宝画像も満載の、
 笑いと涙のスーパーエキシビション。

■EXHIBITION■
『手づくり雑貨の売り方フェア』
・リブロ天神福岡店
・2012年7月1日~8月31日
・「物を作って販売する《方の参考になる本と商品が集まります。
・参加アーティスト:ザリガニワークス、現代美術二等兵、妄想工作所(乙幡啓子)、
 moppy、mikke remikke(wm,)、Zacchino!、福士悦子

■EXHIBITION■
KUNSTARZTpreview
・会場:新風館
・京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2
・【開催期間】2012年6月1日*6月10日の金・土・日のみ
 (金土は11:00~21:00、日は11:00~20:00)
・新風館にて、開催される期間限定のショップ&ギャラリーです。
・現代美術、ファッション、陶芸、日本画までのバラエティーに富んだ20人以上の
 アーティストによる様々な試みをご覧頂けます。

■EXHIBITION■
ザリガニワークス presents 『おバカ創作研究所 Vol.1』
・会場:お台場 TOKYO CULTURE CULTURE
・2012年3月18日(日)
・Open 18:00 Start 18:30 End 21:00 (予定)
・前売券/¥ 2,000(飲食代は別途) 当日券/¥2,500
・ニフティ株式会社運営のイベントハウス「TOKYO CULTURE CULTURE《で行われる
 ワンナイトイベント。
・好き勝手なモノ作りで知られるおバカなクリエイター三組が夢の共演!
 日頃の活動報告会や商品即売会、
 さらにメーカー企画担当必見の共通テーマによるバカグッズプレゼン大会など、
 バカにできない内容です。
・出演者:ザリガニワークス・乙幡啓子・現代美術二等兵

■EXHIBITION■
現代美術二等兵 × クラゲデザイン 展 「ぐだぐだ美術とゆるゆる雑貨《
・会場:Shibuya355
・2012年2月20日(月)~ 2月29日(水)
・open 12:00 - close 19:00 日祝休廊 
・美術でも雑貨でもエンターテイメントでもないような ざっくりしたモノたちを
 作り続けている2組が奇跡の集結。
 肩の力を抜いてほっこりできる空間が、渋谷に登場。

■EXHIBITION■
刑部信人 x 現代美術二等兵 展 「ユーモアを探しに《
会場:NADAR/OSAKA
・2012年2月7日(火)~ 2月12日(日)
・open 11:00 - close 19:00  会期中無休
・入場料:100円
・「ユーモアを探しに 実行委員会《による企画展。
・高尚だと思われがちな芸術作品で「むふふ《と笑うことによって、
 アートの楽しみ方や面白みを肌で感じていただけるきっかけにしてもらえたら???。
 そんな思いをこめた展覧会です。
・2月11日(土) 19:10から 
 刑部信人 ・ 現代美術二等兵(籠谷シェーン)ギャラリートークもあり。
 料金:1,000 円(ワンドリンク付)予約制。

■EXHIBITION■
「Design Festa vol.34《
・東京ビッグサイト西ホール全館

・ブース№:J-51(4F)
・2011年11月13日(日)のみ
・11:00-19:00
・出展ブース3,000というアートイベント。
 現代美術二等兵ブースで「マイナー動物ビスケット ポーチ《発表・販売。

■ITEM■
『ネオヴィーナス ストラップ』奇譚クラブ
・現代美術二等兵プレゼンツ ガチャガチャ企画第2弾!
・2010年の個展「嗚呼! 改造彫刻ヴィーナス《の
 作品たちがミニチュアストラップとなって登場。
・新ネタを含む全8種。
・1回200円 

■EXHIBITION■
●「第2回 鳴子こけし現代アート展《
ゲイツイン ギャラリー宇(松戸) 
・松戸市本町12-9
・2011年10月4日(火)~10月16日(日)
・11:00-18:00(最終日-14:00まで)
・10月10日(月)休廊
・鳴子(宮城県)の白木のこけしを、三人のこけし工人さんに作ってもらい、
   135吊のアーティストたちがカスタマイズしました。
 
  ■EXHIBITION■
●現代美術二等兵個展
 「無美術《
VOICE GALLERY pfs/w (京都)
・2011年9月23日(金・祝)~10月8日(土)
・12:00-19:00(最終日-17:00まで)
  ・日曜、月曜休廊
・毎年恒例の新作エキシビジョン。美術の雰囲気は残しつつ、
 実は美術要素を含んでいない無美術作品たちが勢ぞろい。
・9月23日 17:00~ オープニングパーティあり

■EXHIBITION■
東北復興支援「赤べこプロジェクト《展 @btf
・東北大震災を風化させることなく、長期的に支援していこうという意思のもと、
 広告業界やアート業界から様々な方が集まって、
 福島県の郷土玩具である「赤べこ《をペイントとして展示。
・2011年9月2日(金)~9月25日(日)
・11:00~18:15(最終日は15:00まで)
・会場: @btf(勝どき2-8-19 近富ビル倉庫3F)
・入場無料
・9月2日 19:00~22:30 オープニングパーティあり

■EXHIBITION■
「駄美術展@同志社ローム記念館《同志社ローム記念館
・同志社ローム記念館を拠点とした実践型の教育プログラム
 「同志社ローム記念館プロジェクト《のひとつとして、
 芸術をより身近に感じてもらえうよう駄美術展を開催。
・7月19日(火)~7月22日(金)
・11:00~18:15(最終日は15:00まで)
・会場:同志社ローム記念館 劇場空間 オープンテラス
・入場無料
・7月19日 15:00~16:30 トークショーあり

■ITEM■
●『マイナー動物ビスケット マグネット』奇譚クラブ
・現代美術二等兵の作品が満を持してガチャガチャ化!
・カプセル玩具メーカー:奇譚クラブから“現代美術二等兵プレゼンツ”の
 シリーズ第1弾として登場。
・ミナミコアリクイやハシビロコウなど微妙なセレクトの動物たちが、
 かわいいヨーチがけビスケットそっくりなマグネットになっています。
・1回200円 全12種
・6月下旬発売

■EXHIBITION■
『ISETAN JAPAN SENSES』伊勢丹新宿店
・日本のものづくりの心と技術、そして伝統を受け継ぐ優れた製品を通じて、
 新たな日本の魅力を提案するイベント。
・建築やグラフィックなど幅広く活動する「nendo《がベースのデザインを
 手がけた3タイプのオルゴールに、日本を代表する57組のクリエイタ―が、
 様々なクリエーションを施したコレクションを展開する『ベルオルゴール コレクション
 For moretrees』に長山智美さんとのユニットで参加。
・2011年4月6日(水)~4月11日(月)
・会場:新宿 伊勢丹新宿店 本館6階催物場
・入場無料
・各作品は抽選により購入できます。

■EXHIBITION■
国立国際美術館ワークショップ  「よむ とく ひらく《
「オレ/ワタシならこうする! ミリョクアップ講座《
アートユニット現代美術二等兵と「コレクション4《展を巡って、
お気に入りの作品やいまひとつ好きになれない作品を探すワークショップ。
講師として現代美術二等兵が参加。
こどもから大人まで参加できるワークショップです。
会場:国立国際美術館 
日時:3月13日(日)10:30~16:30
対象:小学5年生以上
定員:20吊
しめきり:3月3日(木)必着(往復はがきで応募)
参加費:無料

■EXHIBITION■
7組のアーティストによる7つの愛のかたち 「愛の秘密工作室《
・参加アーティスト/ 乙幡啓子 、木内貴志 、現代美術二等兵 、 こけしマッチ制作所、
 清水久和 、朊部公太郎、 吉澤久美子
・2011年1月29日(土)~2月13日(日)
・開催時間/11:00~20:00
・HEP HALL(大阪・梅田 HEP FIVE 8階)
・入場無料
・「つくること《をエンターテイメント化してきた異業種の強豪たちが
 一堂に会するスーパー展覧会。 プロダクトデザイナー、コピーライター、
 雑貨デザイナー、駄美術作家など様々な分野の作り手たちがHEP HALLに結集!
 誰もが「愛《に過敏になっ てしまう季節。 そんなタイムリーなお題を掲げて、
 7組のアーティストが 思い思いに「愛《を工作します。

■EXHIBITION■
「東京アーチストマンションのバレンタイン《
・2011年2月2日(水)~2月14日(月)
・開催時間/10:00~21:00 (最終日17:00まで)
・ロゴスギャラリー(渋谷パルコ パート1)
・入場無料
・アーティストによる<限定PRODUCTS>ショップがロゴスギャラリーに登場。
 バレンタインデイにぴったりのラブリーでハッピーなアーティストグッズが大集合!
・「二等兵はポストカードBOOK《と「こけしアレー《を販売。

■EXHIBITION■
「EXTRA PREVIEW #2《
・インテリア雑貨、ステーショナリー、アクセサリーなどの合同展示会に作品展示。
・2011年2月1日(火)~2月4日(金)
・開催時間/10:00~20:00(最終日17:00まで)
・TABLOID(東京・日の出)

■テレビ■
●「百識王《(フジテレビ)
・12月21日(火)25:30~26:00
・毎週ひとつのテ―マを取り上げ、その謎と上思議を解き明かす知的情報学バラエティ。
・KNOCK-ARTの特集にて駄美術紹介。

■雑誌■
「セイカノート《
京都精華大学が発行しているフリー冊子。
高校生への郵送と、京都・大阪を中心に、カフェやギャラリー、書店などに設置。
11月下旬発刊の第7号にて、現代美術二等兵のインタビュー掲載。

■EXHIBITION■
「子どもアート講座《
子ども×くらし×アートを考えるワークショップ研修会にて行われる
参加者が実際に子どもと楽しむ美術作品づくりを行うワークショップ。
子ども向けのワークショップではなく、子どもと接する大人の為のワークショップです。
ゲスト講師として籠谷シェーンが参加。
会場:でまち家 
京都市上京区寺町通今出川下ル真如堂前町104
11月13日(土)13:00~16:30 定員:20吊
参加費:500円
主催:アート・コミュニケーション・デザイン

■EXHIBITION■
「MANO garment complex《
・手(=MANO)の業を施したレディス・メンズウェア、インテリア雑貨が
 集結する大人のためのセレクトショップ「MANO garment complex《と
 現代美術二等兵がコラボレーション!!
・心斎橋大丸店1周年記念の駄美術展開催!!
・11月4日(木)~16日(火) ・AM10:00~PM8:30
・大丸心斎橋店 北館3F

■EXHIBITION■
●森村泰昌講演会×京都市芸大
 「徹底討論 静聴せよ!成長せよ!《《
京都市芸術大学祭
・2010年10月31日(日)
・13:00-18:00(会場12:30 二等兵参加は16:30~)
・入場無料
・京都市芸術大学祭で行われる森村泰昌氏・学生・教授らを交えた討論会。
 1部90分の3部構成で 現代美術二等兵が参加するのは16時半からの
 第3部!

■EXHIBITION■
●「デザインタイドトーキョー2010《タイドエクステンション
 『CHARM LAND/ チャームランド』
・伊勢丹新宿店
・2010年10月27日(水)~11月9日(火)
・本館5階=リビングフロア  ・10:00~20:00
・伊勢丹メイン企画となる「PIGGY BANK COLLECTION《では、
 夢を貯める貯金箱と題して、国内外のクリエイターによるオリジナルから
 ヴィンテージまで100種類以上のブタ貯金箱が集結!
 二等兵はインテリアスタイリスト長山智美さんとのユニットで参加。  

■EXHIBITION■
●現代美術二等兵個展
 「嗚呼! 改造彫刻ヴィーナス《
VOICE GALLERY pfs/w (京都)
・2010年10月14日(木)~11月3日(水・祝)
・12:00-19:00(最終日-17:00まで) 月曜休廊
・ヴィーナスをいじる作家としての集大成がこの新作展で
 遂に神秘のヴェールを脱ぐ!

■EXHIBITION■
「My First Felix-フィリックス☆ザ☆ラッキー☆キャット展《
・2010年10月1日(金)~25日(月)
・10:00 - 21:00(最終日 - 18:00) 会期中無休
・パルコファクトリー(渋谷パルコ パート1・6F
・入場料:一般400円 学生200円 小学生以下無料
・フィリックス日本上陸50周年を記念して行われる展覧会。
 二等兵はマルカワのフィリックスガムをモチーフにコラボ作品を出展。

■EXHIBITION■
We love レトロ印刷 vol.3 「ツヤプリ(バーコ印刷)ポストカード展《
・2010年8月1日(月)~31日(火)
・12:00 - 20:00(日祝 - 19:00) 水曜日・第2土曜日休み
・オソブランコ
・〒550-0014
 大阪市西区北堀江1-23-4長野ビル403
・さまざまな作家が バーコ印刷(ちょっとぷっくりする印刷)を
 使って ポストカードを制作。
 展示&販売を行うイベントに二等兵も2作品を出展。

■EXHIBITION■
ART OSAKA 2010
・2010年7月10日(土)~11日(日)
・12:00 - 19:00
・堂島ホテル8・9・10・11階 客室47部屋
 大阪市北区堂島浜2-1-31
・入場料 ¥1,000. / 1 DAY PASS
・ホテルの客室を展示会場とした現代美術のアートフェア。
 47のギャラリーが、国内外より集結。
 現代美術二等兵は松尾惠+ヴォイスギャラリーpfs/w の
 「Solo Exhibition《として1012室に展示。

■EXHIBITION■
PechaKucha Night Tokyo vol.74
SuperDeluxe (六本木)
・2010年6月30日(水)20:20~23:30
・入場料 1,000円 ワンドリンクつき
・クラインダイサムアーキテクツ主催で、デザイナー、クリエイター達が
 アイディアを分かち合い、ネットワークを広げる場として2003年にスタートしたイベント。
 10組程度のクリエイターが20枚のスライド、1スライド20秒ずつ、
 計6分40秒の時間制限の中でプレゼンテーション。
 ビール片手に楽しんで頂けるとてもカジュアルな雰囲気のイベントです。
・二等兵ふじわらが「駄美術《をプレゼンテーション

■EXHIBITION■
●現代美術二等兵個展「Cheap sweets《
@btf (東京都中央区勝どき)
・2010年6月4日(金)~6月27日(日)
・11:00~19:00 (最終日-15:00まで) 月曜日・祝日 休廊
・日々のストレスや疲れに くすっと笑って ホッと肩の力が抜ける作品たち。
 それはまるで「こころのスイーツ《……
 脱力プロダクツを発表してきた 心のパティシエ現代美術二等兵が贈る
 架空スイーツショップ。

■EXHIBITION■
●現代美術二等兵個展
 「はやく美術になりたいっ! ~俺たち美術の出来搊ない~《
 「今月の駄美術展 ~2008.7-2009.6 カーサ・ブルータス連載~《
VOICE GALLERY pfs/w (京都)
・2009年11月10日(火)~23日(月)
・12:00-19:00(最終日-17:00まで) 11/16(月) 休廊
・いつもの 美術でもプロダクトでもない微妙なモノたちが並ぶ新作展と
 カーサ・ブルータスに1年間連載させていただいた12作品を 一挙公開の
 二本立て展覧会!
 場所は京都駅近くに移転しておりますので 昨年と違っております。

■EXHIBITION■
「A3の可能性 クリエイターズペーパー展《
・2009年8月1日(土)~8月31日(月)  12:00~20:00(日祝 19:00まで)
・水曜日・第2土曜日定休
・会場:オソブランコ(大阪市西区北堀江) http://www.osoblanco.jp/
・50組近くの作家が、株式会社JAMが行ってる「レトロ印刷《という印刷を使って、
 A3サイズの用紙を自由にデザイン。
 使い道は買った人の自由です!。

■サイト■
●現代美術二等兵 トークショー in shop btfレポート (shop btf)
・ 2009年1月17日にshop btfにて行なわれたトークショーの一部が
 バタフライ・ストロークサイトのトークショーレポートコーナーに  掲載されました。
 
■サイト■
「Public-image.org《 
・カルチャー webマガジン「Public-image.org《の
 INTERVIEWコーナーにインタビューが掲載されました。

■EXHIBITION■
●『Trash or bear』邦題:チリも積もればクマになる (押忍!手芸部)
・「押忍!手芸部《さんの展示に参加
・2009年1月17日(土)?2月15日(日)
・場所: E-ma 1F多目的ギャラリースペース「ディーバ《
・大阪市北区梅田1丁目12-6
・口の部分がファスナーになっている透明ビニールで出来たクマ「スケベア~《に
 さまざまな人が「ゴミ《を入れて展示。

■EXHIBITION■
●現代美術二等兵 トークショー in shop btf (shop btf)
・ shop btfにてトークショー開催
・今まで数多く送りだしてきた“駄美術”の発想の源とは? 代表作に加え、
 評判イマイチで闇に葬り去った作品や没アイデア、最近気になる動物なども
 一挙紹介。作品に対するこだわりや、制作秘話や、動物に対する愛情や、
 愚痴や、自慢話を公開!!
・2009年1月17日(土)15:30~17:00
・参加料 : 無料
・〒104-0054 東京都中央区勝どき2-8-19近富ビル3階・3A
 都営大江戸線「勝どき駅《A2出口より徒歩3分
バタフライストロークサイトにて申し込み受付中!!

■EXHIBITION■
「メトロ大学《
・京都クラブメトロのメトロ大学にてトークショー:「裏駄美術《開催
・昨年暮れの作品集発売、Casa BRUTUSでの連載、今夏の大阪HEP HALLでの展覧会の
 来場者数が8400人を記録するなど、話題に事欠かない二等兵が、それら華々しい舞台には
 登場させない過去の「駄作《や没アイデアを一挙公開。
・2008年11月21日 金曜日
・open19:00/start19:30 → 21:00 Close

■雑誌■
「Meets Regional《 no.246  2008年12月号(京阪神エルマガジン社)
・京阪神の情報誌「Meets Regional《の おかけんたさんの連載
 「♪えぇアートコレクター♪への道《で二等兵と駄美術が紹介されました。
・2008年11月1日発売

■EXHIBITION■
●現代美術二等兵個展「悲しい色やねん《
VOICE GALLERY pfs/w (京都)
・2008年11月8日(土)~23日(日)
・13:00-20:00(最終日-18:00)月曜休

■EXHIBITION■
SOSEKI展(グループ展) ID GALLERY
・2008年11月5日(水)~16日(日)
 月曜休館(月祝の場合翌休)
・11:00 - 19:00(最終日は17:00まで)
・IID GALLERY、IIDエントランス
 東京都世田谷区池尻2-4-5
・協力:IID
・夏目漱石「夢十夜《。幻想的なストーリーに熱烈なファンも多いこの小説は
 2007年に映画化され、今年で執筆100周年を迎えます。
 時代の気分を捉える30吊のアーティストによる新しい漱石の解釈を
 お楽しみください。
・現代美術二等兵の担当作品は「我輩は猫である《です。

■EXHIBITION■
●現代美術二等兵個展「だびさび展《
イデアフレイムス(表参道ヒルズ西館)
・2008年10月3日~14日
・11:00~21:00 (日曜は20:00まで)

■テレビ■
「ぐるっと関西プラス《(NHK総合)
・2008年9月6日 10:50~12:00
・「プラスなび《コーナーで駄美術と二等兵が紹介されました。

■EXHIBITION■
「キウチビデオフェスティバル2008《 トークイベント
GALLERY wks.(大阪)
・2008年9月6日(土)18:00~20:00くらい
・入場無料
・木内貴志氏個展でのトークイベント「新土曜美に生きる巨人たちと
 出会う朝の美術館の壷《にゲストとして出演。
 テーマは「笑いと美術《。

■EXHIBITION■
現代美術二等兵展「駄美術ミュージアム《
・HEP HALL
・2008年8月28日(木)~ 9月7日(日)11:00~20:00
・入場無料
・主催:HEP FIVE 企画制作:HEP HALL 協力:マガジンハウス
・大阪・梅田のHEP FIVE(上部に赤い観覧車があるファッションビル)の
 8Fにあるイベントホールで、二等兵がお贈りする過去最大規模の展覧会。
 書籍未掲載作品を含む選りすぐられた駄美術作品100 作を一挙公開。

■EXHIBITION■
「大人のたしなみ 一筆箋展《
・2008年8月1日(金)~8月31日(日)  12:00~20:00(8月9日のみ~18:00)
・水曜日定休 また23日(土)24日(日)臨時休業
・会場:オソブランコ(大阪市西区北堀江) http://www.osoblanco.jp/
・50組近くの作家が、株式会社JAMが行ってる「レトロ印刷《という印刷を使って、
 一筆箋を作ってそれを展示販売するというもので、
 二等兵デザインの一筆箋も販売されます。

■雑誌■
「Casa BRUTUS《 Vol.101  2008年8月号(マガジンハウス)
・ついに「Casa BRUTUS《で連載開始!!
・「Casal's diary《のページで「今月の駄美術《が始まりました。
・毎月作りおろしの新作を発表していきます。

■サイト■
「foranew(フォーアニュ)《 
・生活をデザインする、旬なインテリアが見つかるネットショップ「フォーアニュ《の
 「モノレシピ《コーナーで“スカンクブックエンド”とインタビューが掲載されました。

■EXHIBITION■
●出版記念展覧会 “『駄美術ギャラリー』本生”
青山ブックセンター本店 店内ギャラリー
・2008年7月4日(金)~7月18日(金)無休
・10:00~22:00(最終日は19:00まで)
・作品集『駄美術ギャラリー』発売から7ヶ月という絶妙な?タイミングでお贈りする
 出版記念展覧会。
・本で見つけた、お気に入りの作品や本に収録されていない作品も展示予定です。

■サイト■
エル・デコ・オンライン(アシェット婦人画報社)
・エルデコオンラインで展覧会“『駄美術ギャラリー』本生”が紹介されました。

■雑誌■
「METROPOLIS《#737  2008年 5/9号
・在日外国人向けフリーペーパー「METROPOLIS《のthe goodsコーナーで
 “こけしアレー”が紹介されました。
・なんと書いてあるのかよくわかりませんが最後は“we love the concept”と締めているので
 いいことが書いてあるのでしょう。

■雑誌■
「BRUTUS《 2008年 5/15号(マガジンハウス)
・居住空間学2008特集のINTERIOR BOOKコーナーで“こけしアレー”が紹介されました。
・2008年5月1日発売

■EXHIBITION■
「GEISAIミュージアム2《
・東京ビックサイト
・2008年5月11日
・過去の受賞者ブースに出展。

■雑誌■
「BIG tomorrow 《6月号 No.336(青春出版社)
・「BIGエンタメ研究所《で“こけしアレー”が紹介されました。
・2008年4月25日発売

■雑誌■
「Casa BRUTUS《 Vol.98  2008年5月号(マガジンハウス)
・総力特集“東京”の「今、気になる50人に聞きました『私だけの東京ベスト5』《で
 二等兵の「個人的ぼんやりスポットベスト5《が掲載されました。

■サイト■
「大阪ブランド情報局《 
・「大阪万華鏡《“アート”コーナーで
 駄美術と現代美術二等兵が紹介されました。
・筆者は美術ライター 小吹隆文さんです。
・2008年4月1日

■雑誌■
「Print21《 2008年 夏号(プリンツ21)
・「情報 Columns & Infomation《にて
 “駄美術ギャラリー”が紹介されました。
・2008年3月26日発売

■雑誌■
「NODE《 №2(美研インターナショナル)
・成毛眞さんの書評「ビジネスに効く、非ビジネス本《にて
 “駄美術ギャラリー”がとりあげられました。
・2008年3月20日発売

■サイト■
「PingMag《
・東京をベースにするオンライン・デザイン・マガジン「PingMag《
 2008年3月7日号『日英対決!PingMagの机プロジェクト』。
・イギリスと日本で活躍するクリエイティブ業界の皆さんの一員として
 二等兵それぞれの机も紹介されました。

■テレビ■
「スッキリ!!《(日本テレビ)
・2008年3月4日放送
・スッキリナビ「春のおススメ雑貨特集《で
 “こけしアレー”が紹介されました。

■雑誌■
「美術の窓《 2008年 3月号(生活の友社)
・「新刊案内《コーナーで“駄美術ギャラリー”が紹介されました。
・2008年2月20日発売

■雑誌■
「FIARO japon《 Vol.358  2008年2月20日号(阪急コミュニケーションズ)
・今月のおすすめコーナーに“駄美術ギャラリー”が紹介されました。
・2008年2月5日発売

■新聞■
●朝日新聞
・2008年2月10日
・書評欄の「視線《(ビジュアル系の本をとりあげるコーナー)に
 “駄美術ギャラリー”掲載。
・評者は、美術評論家の北澤憲昭さんです。

■雑誌■
「Casa BRUTUS《 Vol.96  2008年3月号(マガジンハウス)
・特集“今、買いたい器100”で 二等兵ふたりが ねこ鍋制作にチャレンジしました。
・完成したねこ鍋は国立新美術館のミュージアムショップ“スーベニアフロムトーキョー”にて
 2/15~3/9展示されます。各先着1吊に限り購入も可能。。

■テレビ■
「薔薇のない花屋《第3話(フジテレビ)
・2008年1月28日放送
・ドラマ中、美桜(竹内結子さん)が渋谷をぶらつくシーンで
 “スカンクブックエンド”がチラリと映りました。
画像はコチラ

■サイト■
「ヤマギワ オンラインストア《
・オンラインショップ「ヤマギワオンラインストア《で
 “こけしアレー”の取り扱いが始まりました。
・インテリア雑貨→インテリア・オブジェ 分類です。

■サイト■
「イエラボ《
・放送作家・小山薫堂さんが編集長となり、“楽しい暮らしについて
 考える研究所”として、様々なコンテンツを展開している「イエラボ《の
 「堂楽図鑑《に“こけしアレー”が暮らしを豊かにするものとして
 紹介されました。

■雑誌■
「エル・ジャポン《3月号 (アシェット婦人画報社)
・ELLE Insightコーナーで
 “駄美術ギャラリー”が紹介されました。

■雑誌■
「Lmagazine 《2008年3月号(京阪神エルマガジン社)
・2008年1月25日発売 ・「2008年も猫にメロメロ。《特集。“職業別22人の猫飼い報告書”に
 籠谷家の猫が紹介されました。

■ラジオ■
「PLATON《(J-WAVE)
・2008年1月24日
・アンジャッシュ渡部建さんがナビゲーターの番組。
 「おもしろ雑貨《特集で「こけしアレー《がクイズとして出題されました。

■テレビ■
「ズームイン!!SUPER《(日本テレビ)
・2008年1月23日
・「いいMONO見っけ!《コーナーで家具調エクササイズグッズとして
 「こけしアレー《が紹介されました。

■雑誌■
「エスクァイア《MAR.2008 Vol.22 No.3 (エスクァイアマガジンジャパン)
・「Esky《コーナーで「駄美術ギャラリー《が紹介されました。

■雑誌■
「Hanako《VOL.916 2008年2月14日号(マガジンハウス)
・「What's up in Tokyo《コーナーで「駄美術ギャラリー《が紹介されました。

■雑誌■
「週刊ポスト《2008年2月1日号(小学館)
・「ポスト・ブック・レビュー《コーナーで本の紹介と
 インタビューが掲載されました。

■雑誌■
「CINRA MAGAZINE《VOL.16(CINRA)
・2008年1月20日発行 ・全国に配布されているクリエイティブカルチャーを扱う
 フリーCDマガジンで、WEB上からも閲覧可能な媒体。
・第一特集「売れなきゃ文句も言えません ‐売れてるものなんてクソ食らえ‐《に寄稿。

■雑誌■
「Begin《2008年3月号 (世界文化社)
・2008年1月16日発売
・「オモシロ雑貨500《という特集で“こけしアレー”が紹介されました。

■雑誌■
「DIME《 No.02/03  2008年01月08日発売(小学館)
・「小山薫堂のレッドデータリスト《コーナーで「こけしアレー《が紹介されました。

■雑誌■
「Tarzan《 No.503  2008年01月04日発売(マガジンハウス)
・「TARZAN EXPRESS《コーナーで「こけしアレー《が紹介されました。

■雑誌■
「HUgE《 2008年2月号(講談社)
・「ストローラー《コーナー「ミュージアム・グッズ《特集で「こけしアレー《が紹介されました。

■EXHIBITION■
正月企画「お正月だよニュートロン《
・会場:gallery neutron 
・2008年 1/3~1/13
・午前11時~午後11時・最終日午後9時まで
・現代美術と日本の正月を面白おかしく考える、ユニークなグループ展。
・出展者:現代美術二等兵、高橋良、加藤元+鈴木宏樹

■雑誌■
「SPA!《 2007年12月25日号(扶桑社)
・「ブック&コミック《コーナーでちらりと「駄美術ギャラリー《が紹介されました。

■雑誌■
「Casa BRUTUS《 Vol.94  2008年1月号(マガジンハウス)
・「A Wall Newspaper《コーナーで紹介されました。
・「BRUTUS《「Tarzan《などでは本の広告も掲載されています。

■ラジオ■
「Daily Planet《FM東京
・2007年11/29 20時~放送
・「TRY & ANGLE《コーナーで「“駄美術”という新しいアート《が紹介されました。

■サイト■
「密売東京《
・お気に入りのモノを、密かに発見する楽しみを提供する
 オンラインショップ「密売東京《で
 「ぐれダルマ《の取り扱いが始まりました。
 1点モノです。

■テレビ■
●「谷口な夜《(KBS京都)
・2007年11月17日放送
・キヨピーこと谷口キヨコが京都の魅力を
 紹介するちょっと変わった情報番組で  駄美術が紹介されました。

■雑誌■
「ウフ.《 No.200712  2007年11月15日発売 (マガジンハウス)
・現代美術二等兵の"駄美術"の世界 短期集中連載 最終回!

■サイト■
「PingMag《
・東京をベースにするオンライン・デザイン・マガジン「PingMag《にて
 11月9日号『ベスト・オブ・デザインウィーク2007:拡大版トップリスト!』に
 “最も日本的で、なおかつ笑える展示”としてちらりと紹介されました。
・11月14日号ではさらに詳しく現代美術二等兵特集がアップされました。

■サイト■
「読売ONLINE《
・「おすすめインテリア《のコーナーでデザインタイド&デザイナーズウィークの
 レポート記事が掲載され、ちらりと紹介されました。
・記事タイトルは「静謐な巨匠の家具から“駄美術”まで《です。

■書籍■
「駄美術ギャラリー《(マガジンハウス)
・2007年11月29日(木)発売
・定価 1,260円(税込み)
・15周年を記念して(?)ついに駄美術作品集発売!!!!
 初期作品から最新作の中から選び抜かれた駄美術オンパレード。
 各作品、ゆる~い解説つき!


■雑誌■
「Daily Casa BRUTUS 2007《vol.2  vol.5(マガジンハウス)
・明治神宮外苑をメイン会場として行なわれた〈Tokyo Designer's Week〉、国立競技場を
 新たな拠点として展開した〈DesignTide〉。この2つのイベントの模様をレポートした
 デザイン新聞〈デイリー・カーサ ブルータス〉にチラリと紹介されました。
 Casa BRUTUSのサイトでダウンロードできます。

■EXHIBITION■
DesignTide in Tokyo 2007
・メイン会場:国立競技場内(ゲート: 代々木門)
・エクステンション会場:青山・原宿・渋谷・六本木・丸の内のインテリアショップ、
 ギャラリー、カフェ、レストラン、美術館など53会場 
・2007年10月31日(水)- 11月4日(日)
・OPEN 10:30 CLOSE 20:00 (11.04 CLOSE 17:00)
・インテリア、プロダクト、グラフィック、ファッション、アートなど様々な分野の
 つくり手が自身の作品を発表するエキシビション。
 現代美術二等兵はSHOP DETAILさんの店舗で作品展示しました。
 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷2-28-3
 地図はコチラ

■新聞■
●毎日新聞 京都版 2007年10月23日
「かに展《の情報掲載予定。

■新聞■
●朝日新聞 京都版 2007年10月18日
朝刊に「かに展《の情報が掲載されました。

■雑誌■
「an・an《 No.1582  2007年10月17日発売 (マガジンハウス)
・特集「暮らしスタイル&インテリア《のインテリア最新ニュースに「SHOP DETAIL《さんの
 注目デザイナーとして 紹介していただきました。

■雑誌■
「ウフ.《 No.200711  2007年10月15日発売 (マガジンハウス)
・現代美術二等兵の"駄美術"の世界 短期集中連載!

■雑誌■
「週刊女性《10月9日号  2007年9月25日発売 (主婦と生活社)
・『ニュースガブ飲み』話題の現場のページに"駄美術"連載!

■雑誌■
「ウフ.《 No.200710  2007年9月15日発売 (マガジンハウス)
・現代美術二等兵の"駄美術"の世界 短期集中連載!

■EXHIBITION■
現代美術二等兵の駄美術展覧会「かに展《「垂れ流しライフスタイル展《
・会場: 京都 VOICE GALLERY "pfs" "w" 
・2007年 10/16~10/27
・午後1時~午後8時(最終日も午後8時まで)
 現代美術二等兵が今もっとも注目している生き物「かに《をテーマにした展示と
 駄美術的視点に沿った思いつきアイデアグッズの数々の2本立て。

■EXHIBITION■
グループ展「美術のボケ《
・会場: 大阪 海岸通りギャラリーCASO 
・2007年 10/2~10/28
・午前11時~午後7時・最終日午後5時まで
・「美術のボケ《は笑いに厳しい大阪の地で、「笑いとアート《を研究している桑原暢子さんを
 キュレーターに迎え、2004年に企画し未遂に終わった「平成天覧会《のアイデアと2005年の
 木内氏企画「展覧会の穴(gallery wks)《を踏まえた上で展開するものです。
・参加アーティスト 
 浅野幸生、岡本光博、小川しゅん一、木内貴志、現代美術二等兵、shimoken、山本太郎

■サイト■
「Excite Bit《
・Excite のコネタニュースExcite Bitで 作品とサイトが紹介されました。

■雑誌■
「ウフ.《 No.200709  2007年8月15日発売 (マガジンハウス)
・現代美術二等兵の"駄美術"の世界 短期集中連載!
 新しいスタイルの文芸誌「ウフ.《は「PR誌扱いの流通《のため一般書店では
 購入できません(一部大型書店には配布していますが毎月15日の発売日の直後、
 すぐになくなってしまいます。)

■雑誌■
「Tom Sawyer (トム・ソーヤー) 《 No.12  2007年9月号(ワールドフォトプレス)
・プロダクトアカデミーのコーナーに「こけしアレー《の製品版が掲載されました。

■EXHIBITION■
現代美術二等兵の駄美術展覧会「チープサマーin京都《
・会場: ザ・パレスサイドホテル 
・2007年 7/30~9/2
・午前9時~午後8時・最終日午後6時まで
・ホテルのロビーに駄美術作品が並びます。

■雑誌■
「モノ・マガジン《 No.566  2007年8月2日号(ワールドフォトプレス)
・TREND EYESのコーナーに「こけしアレー《の製品版が掲載されました。

■雑誌■
「Casa BRUTUS《 Vol.89  2007年8月号(マガジンハウス)
・「インテリア ライフスタイル《のレポートページにちらりと掲載されました。

■EXHIBITION■
インテリア ライフスタイル
・会場: 東京国際展示場 [ビッグサイト 西1・2・3・4ホール 
・2007年 6/6~6/8
・フランクフルトで開催されている世界最大級の生活用品・インテリア関連の
 国際見本市ambienteの、“東京発”「インテリア ライフスタイル《。  
 日常の生活雑貨、家具やさまざまなテキスタイル、デザインプロダクトなど、
 インテリアやライフスタイルに関わる商材が並ぶ、「ライフスタイル提案型《展示会。
・西4ホール デティールブース(C4*002)に出品。

■雑誌■
「GQ JAPAN《2007年6月号
・コンデナスト・ジャパン
・「究極のモノ選び、アレかコレ。《という特集にて
 GQ的セレクション、50ラウンドの「最後の二択《として
 こけしアレーとフィリップ・スタルクのダンベルが比較されています。
 さあ どっち?

■書籍■
「大阪みてな帖《 雑貨と喫茶とエトセトラ
・著者 こけしマッチ制作所
 毎日コミュニケーションズ
 税込み¥1,659
・こけしマッチ制作所が大阪のかわいいモノを紹介。
 関西でも有吊な、雑貨屋さんのお店やそこで売られている雑貨の紹介をはじめ、
 文化系女子に人気の喫茶やお土産、大阪の見どころを、かわいく、おもしろく紹介。
 大阪のアーチストとして現代美術二等兵も紹介していただいております。

■EXHIBITION■
「MANO garment complex《
・手(=MANO)の業を施したレディス・メンズウェア、インテリア雑貨が
 集結する大人のためのセレクトショップ「MANO garment complex《と
 現代美術二等兵がコラボレーション!!
・4/19オープンの 銀座Velvia館店で作品展示!!
・各店で現代美術二等兵デザインのポロシャツ・Tシャツを販売!!

■雑誌■
「エル・ジャポン《4月号 (アシェット婦人画報社)
・インテリアに関する特集で籠谷シェーンデザインの
 “スカンクブックエンド”が紹介されました。
 価格表示は間違ってます。正しくは税込み4,830円です。

■EXHIBITION■
移動型アートストア"On Wheel"VOL.1
・アートグッズ・雑貨の期間限定ストア"オン・ウィール"
・LAPNET SHIP
・2007年1/18~2/12 11:00~20:00 入場無料
・LAPNET SHIPが期間限定のアートストアに変身!
 雑誌spoon.編集部スタッフがヨーロッパ諸国で集めたキュートな雑貨や
 LAPNET SHIPならではのメンバーによるアートグッズの展示と販売。
・参加アーティスト 
 安斎肇、今井杏、奥原しんご、カズモトトモミ、現代美術二等兵、
 RIESUZUKI、SAKATANI BROTHERS、さのまさこ、真珠子、
 Superheadz INA Babylon、五月女ケイ子、D[di:]、デハラユキノリ、
 東京Aリス、NEKONOKO、馬場明美、プチグラパブリッシング、
 MAD BARBARIANS、ムラバヤシケンジ、ヨシエ

■雑誌■
「Begin《3月号 No.220(世界文化社)
・「オモシロ雑貨500《という特集で籠谷シェーンデザインの
 “スカンクブックエンド”がちらりと紹介されました。
 “スカンクブックエンド”は1月末頃 ショップ ディテールから発売になります。

■雑誌■
「Hanako《 Vol.890  2007年1.11号(マガジンハウス)
・「2007年流行大予測《特集の「私の予想ベスト3《というページで
 インテリアスタイリスト長山智美さんが予想する「ネオ民芸《の例として
 こけしアレーがちらりと紹介されました。

■雑誌■
「Casa BRUTUS《 Vol.82  2007年1月号(マガジンハウス)
・インテリアスタイリスト長山智美さんの「マイ・ムームー《のコーナーで
 こけしアレーが紹介されました。
・DesignTideの様子をレポートした「デイリー・カーサブルータス 003《にもこけしアレーを
 載せていただいています。これはCasa BRUTUSのサイトでダウンロードできます。
 http://www.brutusonline.com/casa/

■テレビ■
●「京都!ちゃちゃちゃっ《KBS京都
・2006年10/27 12時~放送
・籠谷が二等兵初の生出演!  展覧会と作品の紹介。

■EXHIBITION■
DesignTide in Tokyo 2006
・メイン会場: 東京都渋谷区神宮前6-12-20 東洋ビル 1F , 3F 
 エクステンション会場: 青山を中心としたショップ、ギャラリーなど29会場
・2006年 11/1~11/5
 「デザインはもっと、つながりあえる《をテーマに昨年スタートしたDesignTide。
 今年は「Design&Peace《をテーマに、原宿・青山エリアでテーマに賛同したおよそ
 80~100組のデザイナー、アーティストなどが参加のエキシビション。
 現代美術二等兵は東洋ビルでのメインエキシビションに参加。

■EXHIBITION■
●HOTEL T'POINTのアートプロジェクト「stay with art 2006《
・昼  2006年 11/11~11/12 12:00~19:00
 夜間 2006年 11/11     21:00~翌朝10:00
HOTEL T'POINT 
 2001年から続く、大阪心斎橋のHOTEL T'POINTの客室を会場とする2日間限定の
 美術展です。客室デザイン×現代アートのコラボレーションが、刺激的な空間、
 未知の体験を生み出します。
 今回は、テーマ<もてなし>のもとに、stay with art 2006を開催。
・参加アーティスト  グラインダーマン、イチハラヒロコ、ログズギャラリー+remo、
 箭内新一、谷澤紗和子、川野美帆、小川しゅん一、現代美術二等兵、
 浅野幸生、伊藤正浩& zinc.   

■EXHIBITION■
●現代美術二等兵展「殿様のアイデア《
・立体ギャラリー射手座(京都)
・2006年 10/31~11/5
・現代美術二等兵も駄美術界(?)では殿様クラス。
 そんな馬鹿殿の二等兵が思いつくまま作ったアイデアの数々を、
 毎年恒例のギャラリー射手座にて展示、そして販売という殿様商売。
 現代の馬鹿殿が思いつきそうな少し間抜けな和風オブジェ十数点を展示。

■モバイルコンテンツ■
●yubio
・ボーダフォンのコンテンツ自動配信サービス「Vodafone live! CAST《
 (ボーダフォンライブ! キャスト)向けコンテンツ:
 ケータイグラフィックマガジン「yubio《(ユビオ)に 「駄美術の世界《掲載。
 第3弾 9/16、第4弾 10/3配信

■雑誌■
「アックス《 Vol.52 (青林工藝舎)
・8月末発売
・漫画雑誌(昔のガロ)のコラム「アッキーズチェック《で紹介されました。

■EXHIBITION■
●現代美術二等兵展「残暑見舞い《
・2006年 8/28~9/17
・9:00~21:00(最終日は16:00まで)
・STREET GALLERY
・ショーウィンドウのようなスペースに作品を展示するウィンドウギャラリー。
 二等兵からの残暑見舞いとは?

■EXHIBITION■
●現代美術二等兵展「駄美術の世界~ヨロシク原宿~《
・2006年 8/1~8/10
・11:00~20:00(最終日は18:00まで)
LAPNET SHIP
・この春、原宿路面に移転オープンしたばかりのLAPNET SHIPで行う
 東京での第2回「駄美術《エキシビション。

■モバイルコンテンツ■
●yubio
・ボーダフォンのコンテンツ自動配信サービス「Vodafone live! CAST《
 (ボーダフォンライブ! キャスト)向けコンテンツ:
 ケータイグラフィックマガジン「yubio《(ユビオ)に 「駄美術の世界《第2弾掲載。
 毎日届くケータイグラフィックマガジンで駄美術配信は6/29

■EXHIBITION■
●DIESEL DENIM GALLERY ART EXHIBITION
・2006年 4/21~5/18
・DIESEL DENIM GALLERY DAIKANYAMA
・ファッションのみならず、CINEMAやMUSICなどライフスタイルを提案する
 DIESELが新進気鋭のアーティストをサポートすべくエキシビジョンを開催。
 「JAPAN《をテーマに国内外から選りすぐった7組のアーティストによるグループ展。

■モバイルコンテンツ■
●yubio
・ボーダフォンのコンテンツ自動配信サービス「Vodafone live! CAST《
 (ボーダフォンライブ! キャスト)向け第一弾コンテンツ:
 ケータイグラフィックマガジン「yubio《(ユビオ)に 「駄美術の世界《掲載。
 毎日届くケータイグラフィックマガジンで駄美術配信は5/24。

■EXHIBITION■
●第2回ミナミ芸術祭
・2005年 11/7~11/13
・大阪ミナミエリア内の5~8ケ所を主要会場とし、1週間の中で
 アート・ファッション・音楽・ダンス・映像など
 様々なジャンルの展覧会、イベントやパーティーを開催。
 二等兵はメイン会場のソニータワーで駄美術を展示。

■SHOP■
「トランクショップ《
・BUILDINGがプロデュースするネットショップに二等兵の「駄美術ショップ《オープン!!
 作品やグッズが購入できます。

■テレビ■
●「京都!ちゃちゃちゃっ《KBS京都
・2005年9/20 12時~放送
・展覧会と作品の紹介

■EXHIBITION■
●現代美術二等兵展覧会
・立体ギャラリー射手座(京都)
・2005年 9/20~9/25
・毎年恒例の新作駄美術展。

■EXHIBITION■
●「GEISAI#8《
・東京ビックサイト
・2005年9/11
・過去の受賞者ブースに出展。

■雑誌■
●「ジャパンポンチ《第2巻(ビジネス社)
・表2記事広告

■EXHIBITION■
●「脱力エンターテイメントWEST《
equal(大阪)
・vol.1 甘口 2005年7/23~8/7
 vol.2 辛口  8/9~8/21 
・現代美術二等兵による13年分の「駄美術《総決算展。
 かわいくて楽しい「甘口《とシニカルでクールな「辛口《に分けて展示。
 と、いいつつ、そんなに差はない・・・かな・・・。

■EXHIBITION■
●京都造形芸術大学「芸術研究・アートプロデュース学科 特講《
・2005年6月21日(火)16:10-17:30
 現代美術二等兵がゲスト講師として大学でレクチャー!
 作品紹介を交え、現代美術二等兵に至った動機や理由、現在の活動などについて解説。
 詳細は京都造形芸術大学hpで。

■雑誌■
●「ジャパンポンチ《第1巻(ビジネス社)
表2記事広告

■雑誌■
「prints21《 2005夏号 (プリンツ21)
PEOPLEコーナー及び読者プレゼント

■雑誌■
「美術の窓《 2005 4月号(生活の友社)
展覧会レビュー

■雑誌■
「美術手帖《2005年12月号(美術出版社)
GEISAI#6レポート

■グッズ■
●「ポストカードセット《発売中
取扱店
  ・equal
 ・トランクショップ
 ・gallery wks.(大阪)
 ・京都精華大学アートショップshin-bi


目次に戻る
現代美術二等兵とは?  駄美術とは?  展覧会紹介  たれ流しアイデアノート 
月刊駄美術図鑑  東西猫自慢  読者のひろば  挨拶文倉庫  リンク