1992年


「お金を出せば、どんなくだらないものでもギャラリーで展示できる。」ということをコンセプトに始めた展覧会。いきなり芸術業界の批判、オマージュが飛び交う展示となった。 展示に使ったハムスターが脱走、作品の一部である“きな粉”を溶かした液体にコバエがわくなど、他の展覧会では考えられないエピソードが残っている。

■この年の主な出来事
 ・東海道新幹線「のぞみ」が営業を開始する。
 ・陸・海・空の自衛隊員などにカンボジアへのPKO派遣命令が出される。
 ・牛肉・オレンジ輸入自由化。

展覧会紹介へ戻る